デイサービス明明における感染症対策②

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

現在、日本国内において新型コロナウイルス感染症の拡大が連日のように報道され、

ご利用者様はもとよりご家族様も不安な日々が続いていることと思います。

 

施設によっても対応は様々な状況の中

デイサービス明明におきましてもこれまで以上の感染予防に努めながら

ライフラインとしての必要最低限の通所におさえ営業しております。

 

しかし、3月5日に吹田市内においても感染者がついに確認され、

弊社感染症予防、拡大防止マニュアルに沿って第二段階に移行、

さらに面会、来所制限を設けております。

 

皆様におかれましては、ご不便をおかけしておりますが、

これもひとえにご利用者様、ご家族様の健康、安全を第一に考えた措置とご理解、ご了承くだされば幸いです。

 

現在の弊社の感染症予防対策の中での『利用者にとって深刻な新型感染症拡大が懸念される場合のマニュアル』を掲載します。

 

これは、いたずらに不安をあおるものではなく、

利用者様、職員も安心して通所できるように制作しているものであります

どうぞご理解ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

デイサービス明明 

〇利用者にとって深刻な新型感染症拡大が懸念される場合のマニュアル

※飛沫、接触、空気感染経路での感染が確認された場合

 

都度情報をしっかり収集、把握し、状況によって3段階の対策とすることで

利用者様、家族様、事業所に対して余計な不安、混乱を抑え、その状況に適した予防対策を実施する。

 適切な対応をすることで利用者様、職員の健康を守ることを前提に、

施設の責任として安心して通える、職員においては働ける職場を提供することが目的である

 

〇第一段階 全国的な新型感染症が拡大傾向になり、政府より注意喚起がされた場合

対策① これまでのデイでの感染症対策に加え、来所前の検温、送迎車の毎時消毒、フロアの換気徹底、外部サービスの制限、来所者の制限を行い、デイフロアの予防に徹する。それに加え、職員への注意喚起、就業前の検温、うがい、手洗いの徹底を行い、必要ならば状況に応じて通勤時間の調整、シフト変更を行い、職員の予防を最優先とする。

対策② 利用者 ご家族 事業所と協議の上、通所が望ましい、またはライフラインとしてのサービスが必要不可欠な方々以外、または、ご本人、家族様のご意向で自宅待機を望まれる場合は感染症の終息が見られるまで一旦、期限を設け自宅待機をお願いする、またはご意向に沿う。

対策③ 外出イベントや外食イベント等は一旦、延期、または中止とする。

 

〇第二段階  吹田市内において感染者が確認、または感染リスクが上がった場合

対策① 上記対策に加え、再度、家族様、事業所に聞き取りを行い、自宅待機を望まれる場合は自宅待機をお願いする。 

対策② 来所していただいた後に体調の変化が見られ場合は隔離、帰宅の可能性があることを再度通達する

対策③ 来所制限を設け、外部との接触をなるべく減らす、相談業務等は電話または書面でのやり取りにする。

 

〇第三段階  職員、利用者または利用者の家族に罹患者が確認された場合

① 市役所および保健所と協議の上、休業も含めた検討をする。決定した場合は速やかに利用者、家族、事業所に通達、保健所指導の上、今後の運営方法を検討する。

〇終息が確認され、落ち着いた場合も速やかに利用者、事業所に連絡、通知、感染症の対策はその状況に合わせ実施し、なるべく通常営業が可能なように努力する。

 

今現在、通所していただいている利用者様もおりますが、

我慢して自宅待機していただいている利用者様もおられます。

また、この期間、頑張って自宅にて介護していただいている家族様もおられます。

 

ご利用者様、ご家族様、事業者様にもご不便をおかけし、

デイサービスの使命として、通所制限や自宅待機をお願いすることがこれほどつらいと思ったことはございません

 

また、職員にいたしましても、交流、接触がメインのデイサービス職員として

自身の感染リスクには細心の注意をはらっています。

 

早く、収束し、皆様と共に心より安心して笑い楽しめる日が来ることを心より祈っております。

 

デイサービス明明 相談員 小野

 

TOPへ